ヴェルディッキオ

最終更新日:2021/03/09  

 

この記事では、ヴェルディッキオ (Verdicchio)の特徴や生産地、料理との相性など知っているとより楽しめる情報を解説します。

 

ヴェルディッキオとはどんなブドウ?

 

ヴェルディッキオは、イタリア中部のマルケ州で主に栽培されている白ブドウ品種です。

 

起源

起源は明らかではありませんが、イタリア北部のヴェネト州で誕生し、15世紀にマルケ州に伝わったとされる説が有力です。

 

 

DNA

ヴェルディッキオは、マルケ州を中心としたイタリア中部で広く栽培されていますが、近年のDNA解析によってイタリア北部で栽培されている以下の品種も同一品種であることが分かっています。

 

トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ Trebbiano di Soave 

トゥルビアーナ Turbiana (=トレッビアーノ・ディ・ルガーナ Trebbiano de Lugana ) / 

ペヴェレッラ Peverella

トレッビアーノ・ヴァルテネージ Trebbiano Valtenesi

※トゥルビアーナに関しては別品種とする説もあります。

 

 

名前の由来

ヴェルディッキオという名前は、ブドウやワインの緑(Verde)に由来するとされています。

 

 

ブドウの特性

ブドウは豊かな酸を持ち熟成力にも優れています。カジュアルなブドウ品種と見られがちですが、その熟成ポテンシャルからイタリアの偉大な品種と評価する専門家もいます。

 

 

ヴェルディッキオのワインの特徴

 

ヴェルディッキオのワインは、フレッシュでシンプルなものから深みがあって硬質的なものがありますが、主に以下のような特徴が見られます。

 

ヴェルディッキオの外観

・グリーンを帯びたイエロー

 

 

ヴェルディッキオの香り

・ライム、レモン、グレープフルーツ、青リンゴ

・白い花 ・石灰 ・アーモンド 

 

柑橘フルーツや鉱物系を中心とした爽やかな香りです。

熟成によってアーモンドのニュアンスが感じられます。

 

 

ヴェルディッキオの味わい

・軽めのボディと優しい果実味

・高い酸味

・滑らかなテクスチャー

・ミネラリーな塩苦味

 

スッキリした味わいながら程よい果実味も備えています。

酸味は強い品種ですが、硬さよりも柔らかな膨らみと繊細な印象も感じられます。

後半は強めの塩苦味が味わいを引き締め、熟成したものにはアーモンドのフレーバーが特徴的に表れます。

 

 

ヴェルディッキオの生産地とスタイルの特徴

 

ヴェルディッキオは、イタリア中部や北イタリアで広く栽培されています。

 

特にイタリア中部のマルケ州は代表的な産地です。

 

 

イタリア・マルケ州

マルケ州には、ヴェルディッキオ主体の代表的なDOCワインが2つあります。どちらも、フレッシュでフルーティなタイプから長期熟成可能な強い骨格を持つものまで様々ですが、傾向として対照的なキャラクターを持ちます。

 

ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージDOC(Verdicchio dei Castelli de Jesi )は、海の影響を受ける温暖な気候から華やかな果実味の柔らかな味わいを持ちます

 

一方、ヴェルディッキオ・ディ・マテリカDOC(Verdicchio di Matelica)は、より内陸に位置し昼夜の寒暖差が激しいため、ボディや酸、ミネラルが豊富でよりパワフルな味わいです。それゆえ熟成向きのワインも多い傾向があります。

 

 

北イタリアでは、特にガルダ湖周辺で多く栽培されています。

 

イタリア・ヴェネト州ヴェローナ県では「トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ」と呼ばれ、ソアーヴェ(Soave)ワインにも補助品種として使われています。

 

また、イタリア・ロンバルディア州のガルダ湖南では「トゥルビアーナ」と呼ばれ、ルガーナDOC(Lugana)ワインで主要品種とされています。

 

 

ヴェルディッキオに合う料理 (相性・食べ合わせ)

 

ヴェルディッキオは、酸味が強くミネラリーな味わいのため魚介料理によく合います。

 

魚の生臭みも感じにくく幅広い魚と合わせられます

 

特に、カルパッチョなど柑橘やオリーブオイルを使った魚料理は、ワインのフレーバーと調和します。

 

また、ワインに苦味があるため、照り焼きなど醤油系の甘めのソースとの相性もおすすめです。

 

 

参考

・Wine Grapes: A Complete Guide to 1,368 Vine Varieties, Including Their Origins and Flavours / Jancis Robinson

・日本ソムリエ協会教本 2020

・Italy’s Native Wine Grape Terroirs/Ian D’Agata

 

スポンサードリンク