ネロ・ダーヴォラ

最終更新日:2021/03/09  

 

この記事では、ネロ・ダーヴォラ(Nero d’Avola)の特徴や生産地、料理との相性など知っているとより楽しめる情報を解説します。

 

ネロ・ダーヴォラとはどんなブドウ?

 

ネロ・ダーヴォラはイタリア・シチリア州原産の黒ブドウ品種です。

 

名前に「Nero d’Avola(アーヴォラの黒)」とあるように、シチリア州東南部のシラクーザ県アーヴォラ周辺が起源とされています。

 

17世紀末にはシチリア州で栽培が確認されており、現在はシチリアを代表する黒ブドウ品種となっています。

 

ネロ・ダーヴォラは「カラブレーゼ(Calabrese)」とも呼ばれています。ただし、カラブレーゼは土地によってサンジョヴェーゼやカナイオーロ・ネーロを指すこともあります。

 

ネロ・ダーヴォラは乾燥した暑い土地を好み産地はほぼシチリア州に集中しています。

 

 

ネロ・ダーヴォラのワインの特徴

 

ネロ・ダーヴォラは、凝縮感のあるフルボディのワインを生みます。

 

ネロ・ダーヴォラの外観

・黒みを帯びるほど濃い色調

・紫の色味が強く表れる

 

多くのワインで黒みを帯びた濃い色調が見られます。

 

 

ネロ・ダーヴォラの香り

・プラム、ブラックチェリー、ラズベリー、イチゴ

・黒胡椒、丁子、カカオ、アニス、リコリス

・黒鉛

 

全体として黒を思わせるような凝縮した果実とスパイスの香りが感じられます。

また、フレッシュな造りのワインにはラズベリーのような甘くチャーミングな香りも表れます。

 

 

ネロ・ダーヴォラの味わい

・アルコールは高く豊かな果実味

・中程度の酸味

・タンニンは豊富だが柔らかいテクスチャー

 

凝縮感がありボディのしっかりした赤ワインです。

酸味は強くありませんが濃厚な果実味とバランスの取れた酸によって重さを軽減してくれます。

タンニンは柔らかく、甘いフレーバーとともにとても広がりのある味わいです。

 

 

ネロ・ダーヴォラに合う料理 (相性・食べ合わせ)

 

ネロ・ダーヴォラは、濃厚で甘いフレーバーの柔らかい印象が強く感じられるため、合わせる料理も濃厚な肉料理がおすすめです。

 

特に、ソフトなテクスチャーに合わせて煮込みやハンバーグのような柔らかくジューシーな料理が特によく合います。挽き肉とチーズたっぷりのパスタやラザニアも良いでしょう。

 

また、ネロ・ダーヴォラは甘くスパイシーな香りが強く感じられるため、照り焼きソースを使った和食八角の効いた豚の角煮や辛味の強いスパイシーな中華料理にもおすすめです。

 

 

参考

・Wine Grapes: A Complete Guide to 1,368 Vine Varieties, Including Their Origins and Flavours / Jancis Robinson

・日本ソムリエ協会教本 2020

 

スポンサードリンク