マカベオ

最終更新日:2021/03/09  

 

この記事では、マカベオ (Macabeo)の特徴や生産地、料理との相性など知っているとより楽しめる情報を解説します。

 

マカベオとはどんなブドウ?

 

マカベオは、スペインや南フランスで主に栽培されている白ブドウ品種です。

 

 

起源

起源は、スペイン・カタルーニャ州という説が有力で、17世紀初期には栽培が確認されています。

その後、南フランス・ルーション地方に伝わり、19世紀初期の現地の記録が残されています。

 

 

別名

マカベオ(Macabeo)は、フランス・ルーションで「マカブー(Maccabeu/Macabeu)」 スペイン・リオハで「ヴィウラ(Viura)」とも呼ばれます。 

 

 

ブドウの特性

生育は遅く、冷涼で湿度の高い土地には適さない特性があります。

酸は低めの品種ですが、酸を残すため早摘みされることも多い品種です。

樹勢は強く多産性で、収量コントロールによって品質に大きな差が生じます。

 

 

マカベオのワインの特徴

 

マカベオの外観

・グリーンを帯びたイエロー

 

 

マカベオの香り

・レモン、アプリコット、黄桃

・フレッシュハーブ ・黄色い花

・ヘーゼルナッツ、アーモンド

 

柑橘やハーブの爽やかなタイプから、黄桃やパイナップルのようなリッチなタイプもあります。

熟成によってナッツの香りが表れます。

 

 

マカベオの味わい

・ミディアムからライトボデイ

・酸味は中程度

・ドライでほのかな苦味のある余韻

 

ややオイリーなテクスチャと余韻に若干の苦味が感じられます。

 

 

マカベオの生産地とスタイルの特徴

 

マカベオの最大の産地はスペインです。

 

スペイン

 

スペイン国内では白ブドウで2番目に多く生産されています。

 

スペイン内では極南部や北西部を除く広い範囲で栽培されており、その中でもカタルーニャ地方は最も栽培が盛んな地域です。

 

カタルーニャ地方では、スパークリングワイン「カヴァ(Cava)」の原料としても使用されています。

 

マカベオ主体のワインのスタイルは多様で、早摘みして軽やかフレッシュに仕上げたタイプから樽を効かせて厚みを持たせたタイプもあります。リオハの樽熟成の長期熟成したものはボルドーの最高級の白にも及ぶと評価する評論家もいます。

 

 

フランス・ルーション地方

フランスはスペインに次ぐマカベオの産地です。フランスでは大部分がルーション地方で栽培されています。

特にグルナッシュ・ブランなどの地中海地方の土着品種とブレンドされています。

 

 

マカベオに合う料理 (相性・食べ合わせ)

 

マカベオは、軽やかフレッシュで余韻に苦味のあるタイプが多いため、ハーブやオリーブオイルを使った料理がおすすめです。

 

バル料理やパエリア、オイル系パスタなど幅広く合わせられます。

 

また熟成してナッツのニュアンスの現れたワインには、イベリコ豚などの生ハムもよく合います。

 

 

参考

・Wine Grapes: A Complete Guide to 1,368 Vine Varieties, Including Their Origins and Flavours / Jancis Robinson

 

スポンサードリンク